来月6月になれば、引越しの閑散期に突入します。
この時期は見積もりの比較をすれば単純に安く引越せますが、今回は他の方法について記載します。

その一つの節約方法として挙げられるのが、ご自身で運搬できない荷物のみを業者に運んでもらう方法です。

引越しの料金はトラックサイズで決定されるのでここを小さくすれば安く運べるようになります。

 
まずは、荷物量を減らし最小の量だけを運搬する方も多くいらっしゃいます。

 

tansu

一例として、近距離であれば、ダンボールやテレビ、テーブルなどをご自身で運ぶ事が可能で、
ベッドやタンスなどの家具、また冷蔵庫や洗濯機などの家電だけを業者に依頼します。

見積もりを取る際も、3社から4社程度は含んで料金を出してもらって下さい。

 

 
家具のサイズや点数が同じでも、全ての会社は同額にはならず、高いところと安いところが必ず出てきます。

見積もりを取る会社は、運送業者と引越し業者、家具の大きさによっては赤帽などの軽貨物運搬業者を含めても良いです。

 

たとえ一点のみでも、同じ条件なのに数千円異なれば行う価値があるので是非ともお試しください。

 

他の運送方法についてはこちらのサイトをチェックして下さい。
家具配送.net
(格安業者の見つけ方や安くする方法を分かりやすく掲載。)

また、家具だけの引越しでも近距離の場合、トラック積みきり便があります。

これは家具のみを配送してもらうのではなく、家具が全て乗るトラックのサイズをこちらで指定して、積み切ったのち、空いたスペースに他の荷物もまとめて乗せて運んでしまうという方法です。
その後、残った荷物だけをご自身で運ぶという安くする方法もありますので、もし興味のある方は見積もりの際にスタッフにお尋ねください。