私は昔は非常にネガティブな人間でした。どんな事をやっている時でもマイナスイメージがまとわりついて、自分の殻に閉じこもりがちな所がありました。

ですが、ある一冊の本に出会ってから自分の人生が大きく変わったと思っています。

もうだいぶ昔の事なので本の題名等は覚えていませんが、内容はプラス発想がもたらす力という物でした。

どんな事柄でも、それをマイナスと受け取るか、プラスと受け取るかは自分次第、考え方一つで人生は変わるという内容です。

例えば、上司に失敗して叱られた。そんな時でも、落ち込むだけで終わるのでは無く、今失敗していて良かった。

ちゃんと自分を見てくれる上司で良かった。

今回の失敗が今後の自分の成長になる。

今後の自分の成功に繋がる。

と常に前向きな考え方をするという事です。

実際に自分の身になるまでは時間もかかりましたが、習慣になった時、私は色々な事がうまくいくようになりました。

人間関係もそれまでは人の嫌な所ばかりが目についていましたが、プラスに考える事で逆の人のいい所にも目が行き届くようになったんです。

私はあの時にあの本に出会っていて本当によかったと思っています。

考え方一つで人生は変わる。正にその通りだなと今は思います。